ホーム > 交通事故 むちうち治療

交通事故 むちうち治療

 

習志野タミ整骨院の交通事故のムチウチ治療

ムチ打ち治療は骨盤も内臓も全身治療

ムチ打ち治療でマッサージや電気だけでは無意味。骨盤、頭蓋骨、内臓など全身調整が必要
1人整体でむち打ちも肩こりも腰痛もケア
1人でやる整体を教えます。
ムチウチ専門治療のポイント
交通事故によるムチウチの脳脊髄液の流れの停滞
頚部のカイロプラクティツクで矯正 交通事故でむちうちの方はこちら
※ 他院に通院中の方も船橋市タミ整骨院に転院可能です。
交通事故によるむちうちについてよくある質問 交通事故でむちうちになったらすぐ習志野タミ整骨院にご相談ください。

ムチ打ちの症状、分類について

頸椎とは首の骨のことです。

1. 根症状型

頸椎がレントゲンに写らない微妙なズレがおこり、頸椎の神経の出口が圧迫、
狭くなり末梢神経(肩~腕~指先)に痛み、しびれ、知覚の鈍さ、筋力低下を起こすムチ打ち症。

2. バレ・リュー症状型

頸部に衝撃が加わる事により、首から後頭部に通っている交感神経がダメージを受けます。
椎骨動脈(頸椎の左右を通って後頭部につながる動脈)の血流が悪くなり、頭痛、めまい、吐き気などを引き起こす
ムチ打ち症。

3. 頸椎捻挫型

頸椎部分にダメージをうけ、筋肉、関節、腱、靭帯を損傷して首、背中、腰に激しい痛み、鈍痛、重圧感を感じる
ムチ打ち症。

どの症状にも共通することは疲れやすい、体のだるさ、症状の波があります。また発症も事故直後だけでなく、1~2か月後でも出てくる場合があります。

4.ムチ打ちによる腰痛

ムチ打ち症は頸椎捻挫と称されるように、上半身にばかり痛みが集中していると思われがちです。しかし、むち打ち症による痛みの42%が腰痛にあると報告されています。
むち打ち症による腰痛には、現代の進歩した医学においても不明な点が多いと言われています。強い外傷によって腰痛を発症するのはわかります。しかし、腰にさほど強い外傷が見られなくても、数週間経ってから頑固な腰痛に悩まされる場合もあるからです。

ムチ打ち症の腰痛の主な原因として、急性的椎間関節捻挫(ギックリ腰)が挙げられます(椎関関節とは、それぞれの背骨の左右にある関節を指します)。
例えば「これくらいの荷物なら、すぐ持ち上げることができる」と思い、一気に持ち上げた瞬間、腰に電気が走り一歩も動けなくなる…これがギックリ腰なのですが、むち打ち症の場合、外部から強い衝撃によってギックリ腰と同じような症状が表れるわけです。

ムチ打ち症による急性的椎間関節捻挫(ギックリ腰)の痛みは、時間を追ってドンドン酷くなる傾向にあります。その痛みがなかなか治らなければ、慢性化の痛みになる恐れがあります。しかし、その場合は急性的椎間関節捻挫(ギックリ腰)以外に循環障害も原因の1つと考えられています。
ムチ打ち症による腰痛の原因として、棘間靭帯(きょくかんじんたい)・棘上靭帯(きょくじょうじんたい)の損傷も挙げられます。棘間靭帯・棘上靭帯の損傷とは、背中のでっぱった部分にある靭帯が何らかの強い衝撃によって、部分断裂や炎症を起こしてしまう症状です。

ムチ打ち症による腰痛は、悪循環が重なれば入院治療はもとより、身体の麻痺に関わる症状になり得ます。早期治療は当然のこと、痛みが激しければ絶対安静を心がけてください。

 

交通事故FAQ

どんなに気をつけていても、いつ交通事故に遭わないとは限りません 。ここでは、交通事故に遭われた被害者の立場から様々な疑問にお答えできればと思っています。

交通事故後遺症とは

不幸にして交通事故にあい、長い間治療に励んだ結果、症状は固定してしまい、これ以上治療をつづけても改善がみられない状態で、交通事故前の機能と比べて残ってしまった障害を「交通事故後遺症」といいます。
通常は事故にあってから6ヶ月をめどに医師と相談して「症状固定」の判断をしますが、
脳に障害を負ったときやダメージを受けた場所や衝撃度によっては1年以上かかる場合もあります。

症状が固定してしまった後は、逸失利益の中に休業傷害が含まれてしまうので、損害がもらえなります。ですから症状固定日の決定は非常に重要となるわけです。

ムチ打ち症って何?

交通事故後遺症で一番耳にするのが「ムチ打ち症」です。
また一番多いのではないでしょうか??

おもに後ろの車から追突されたときに起こる傷害です。
症状としては首の痛み、頭痛、肩こり、めまい、手の震え、手足のしびれ、感覚異常、だるさ、倦怠感、吐き気、および集中力の低下、ふらつき感、膀胱傷害などがでます。
またムチ打ち症には大きくわけて頚椎捻挫型、根症状型、バレ・リユウー症状型、脊髄症状型、脳髄液減少症の5種類があります。

交通事故当初は自覚症状がなくても2~3日あとから症状が出てくる場合が多々あります。
交通事故に遭った場合は痛くなくても必ず受診することをお勧めします。

ムチ打ち症の70~80%は頚椎の周りの筋肉や靱帯の損傷です。
完治させるのは頚椎の微細な調整が欠かせません。整形外科や接骨院に通う方が多いようです。完治には時間がかかります。症状がないからと甘く見ないでしっかり治しましょう。
ずれたままでは完治は望めません。

ムチ打ち症の後遺障害等級が等級として認定された場合、通常は14級と12級になります。
ただし、後遺障害等級認定手続きには、異議申し立て手続きが認められています。
ただし、治療経過がきちんとしていないと、後遺症があっても等級認定されない可能性が高くなります。
自覚症状がなくてもきちんと通院して治療経過を残しましょう。
目に見えにくい傷害ですので、専門家に相談して手続きをしたほうが良いかもしれません。

 

交通事故治療

ご存じでしたか?交通事故治療は整骨院でも受けられます。

交通事故に遭われたら、習志野タミ整骨院にご相談下さい。

 

交通事故の場合、最初の症状が軽微でも後に症状が強くなったりして症状が慢性化する事が多々あります。そうならないためにも、早い段階からしっかりと治療を行うことが大切です。

 

事故に遭ってしまったら

  1. 相手の名前、連絡先、ナンバー、車種等を確認します。
  2. 事故イラスト自身で加入している保険会社に連絡し対応してもらいましょう。
  3. 警察に連絡をし事故の届出をだし、事故証明書を取得します。
  4. 医療機関で診察を受けます。当院での通院を希望される場合は047-469-2362にお電話ください。他院へ通院中の方も転院可能です。

 

習志野タミ整骨院の交通事故治療の特徴

チェックマーク一人一人出ている症状に合わせてメニューを作ります。
チェックマーク希望される方には保険会社との交渉、補償、通院などについて相談、アドバイスをさせて頂いています。
チェックマーク通常の施術以外にも、早期改善出来るよう、本来実費で行っている、骨盤矯正等を必要に応じて用いています。 
チェックマーク平日は20:30まで診療受付致します。土日・祝日も受付

 

 

 


新京成線習志野駅すぐ
薬園台駅から徒歩8分
北習志野駅から徒歩13分
グーグルマップはこちら